フォト

2008年1月 6日 (日)

『ムーラン・ルージュ』@DVD

ムーラン・ルージュ (ベストヒット・セレクション) DVD ムーラン・ルージュ (ベストヒット・セレクション)

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ニコール・キッドマン
ユアン・マクレガー共演
「ムーラン・ルージュ」

賛否両論あるらしいですが
私には
とても面白かったですよ。

舞台はフランス・パリ
19世紀から
20世紀へ移る頃。

フレンチカンカンで有名な
ムーランルージュでの
ショーガール(娼婦)と駆け出し作家の
恋物語。

ミュージカル仕立てで
流れる曲は
スタンダードになった
ロックナンバー。
一部映画ナンバーも。

これが結構面白いんだなあ。

それと
色がとてもきれいです。

できれば
大スクリーンで観たかった。

2004/12記

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年1月 5日 (土)

『ブラウンバニー』@DVD

ブラウン・バニー DVD ブラウン・バニー

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2004/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

死ぬほど退屈な映画です。

ビンセントギャロ
嫌いな役者じゃないんですが
ラスト20分までに行く
70分間
正直、舟をこぎます。眠いです。

まあ、ナルシスト ギャロちゃん
爆裂映画です。

2004/12記

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『ハリウッド的殺人事件』@DVD

ハリウッド的殺人事件 DVD ハリウッド的殺人事件

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/11/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハリソンフォードと
ジョシュ・ハートネット共演の
刑事モノ。

コメディなのかなあ
そこそこカーチェイスもあり
たるんだアクションもあり
でも
悪くはなかった。

フォードおじさん頑張ってるなあ
って感じでしょうか。

2004/12記

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年1月 4日 (金)

『ボーン・スプレマシー』@飛行機

51my9g90zzl

出張に行っても
映画は観る!

っていうのは冗談ですが
たまたま機内で観ました
「ボーン・スプレマシー」。

来年正月第2弾ロードショー公開作品です。

やんちゃなマット・デイモン主演です。

「ボーン・アイデンティティ」シリーズの
2作目って感じです。

機内先行版で吹き替えだったのですが
そこそこ面白かったですよ。

映画館の大きなスクリーンで観ると
さらに面白いでしょう。

記憶をなくした
工作員マットデイモンって言う設定は
前回とおんなじ。

そうそう傑作?だったのが
機内案内書には
「中国副首相暗殺にからむ‥」
「米中間の‥」
って解説があるんですが
まるっきりそんな話は映画の中では
出てきませんでした(笑)

2004/12記

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『オールドボーイ』@映画館

オールド・ボーイ (HD-DVD) DVD オールド・ボーイ (HD-DVD)

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/07/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

観てきました話題の
「オールドボーイ」

面白いです。
引き込まれます。
でも後味が悪かったです。

途中でなんとなく
そうじゃないかなあ
でもそうだといやだなあ
みたいな話の展開がありました。

んー
と言うより
これストーリー展開の問題ではなく
私の倫理観の問題です。

この映画の中に
散りばめられた
「復讐」
「不条理」
「****」の

「****」が
受け入れられません。

ぞくぞくする感じは
「ソウ」よりも数倍あります。

あと、韓国映画なので
笑えるところもかなりあります。

あまり書くと
ネタばれになるので
このくらいで‥。

2004/12記

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年1月 3日 (木)

『コラテラル』@映画館

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション DVD コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション

販売元:パラマウント ジャパン
発売日:2006/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

劇場に足を運びました。

トムクルーズの悪役を観てみたかったんですね。

ロスの堅気のタクシードライバー(ジェイミーフォックス)が
ある晩、乗せた客が殺し屋だった。

その夜、雇い主からの依頼で
5人を殺すためにロスに来た殺し屋。
それがトムクルーズ。

髪の毛も銀髪に染めて
にこりともしない
冷徹な殺し屋になりきっているのだが

んーやっぱり悪役は無理?
ぎらぎらとしたところも、
鋭利なナイフのような冷たさも感じないんだなぁ。

トムクルーズはあの爽やかな
黒髪と笑顔で
パンパンと人殺しをすれば
もっともっと凄みが出たと思うのは
僕だけじゃないだろうなあ。

それとこの映画、好き嫌いでるだろうなぁ。
ちっとも派手ではありません。
アクションが中途半端です。

そういう意味では
昔タイプの映画かも。

それを期待していくと肩透かし喰らいます。
画面のスケール感は
案外あるんですけどねえ‥。

でもね台詞がそこそこ良いです。

それと2時間あるんですが
飽きずに観続けられます。

そういう意味では良作か‥。

個人的には
DVDでもいいんじゃないかと
思いましたが‥。

2004/12記

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『ドラムライン』@DVD

ドラムライン (ベストヒット・セレクション) DVD ドラムライン (ベストヒット・セレクション)

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

一言で言えば、なかなかよくできた
青春映画です。

ただ主人公と
元レッズの小野選手とダブって見えてしまうのは
‥REDS病でしょうか。

2004/12記

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『みなさん、さようなら』@DVD&『ビッグ・フィッシュ』@DVD

みなさん、さようなら DVD みなさん、さようなら

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2004/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション DVD ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/05/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実はこの2本
どちらもシチュエーションは似ている。

死期間近の父親に
疎遠になっていた息子が訪ねて
その最後をみとる
という話。

前者の父親はカナダのモントリオールの
大学教授で女たらし。
すっかり家族の絆もなく暮らしていたが
なぜだか、みんなに(昔の女たちとも)好かれている。

そんな親父とは違う方向で生きようと決めて
イギリスに渡って成功した息子は
親父の最期に向けて
金を惜しまず、
父親の旧知の友人愛人を呼んで
楽しい病室に仕立てていく。

そこで交わされる回顧話は
フリーセックスだったり
社会主義であったり
いささか古臭い。

そして後者の父親はアメリカの片田舎の
営業マンで法螺話の好きな親父。

小さい頃から息子にいろんな法螺話をしていたが
(これがちょっとファンタジー、映像もファンタジー)
息子の結婚式でも披露して
父子喧嘩をして以来疎遠に。

で、どちらがよかったかと‥。

私的には
「ビッグフィッシュ」でした。

なぜなら法螺話だらけのビッグフィッシュに
リアリティを感じたから。

ビッグフィッシュの息子は
よく父親と話をしていたのにもかかわらず
実はちっとも
父親の人生そのものを知らなかった
という視点。

前者は疎遠になっていたわりには
息子が父親の友人に連絡をしたりして
えっ、何でそんなに親父のこと知ってるの?
みたいなところを感じてしまったからかな。

いずれも
葬式には友人知人が集まって
温かな最期なんですが‥。

お勧めとしては
見比べてみる!でしょうか。
多分
「みなさん、さようなら」のほうが
好きという方もいるでしょう。

2004/12記

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年1月 2日 (水)

『小さな中国のお針子』@DVD

小さな中国のお針子 DVD 小さな中国のお針子

販売元:パンド
発売日:2003/11/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

舞台も話も
すっかり中国なのに
なぜかフランス映画。

1971年ごろ
文化大革命によって
ブルジョアが再教育された
共産主義ばりばりの頃の
中国での話。

まあ、青春映画でしょうか。

考えさせられるのは
粛清をしたブルジョア出身者たちが
結局、今の中国の中枢にいて
また異常ともいえる
繁栄をもたらしたんだなあ、って感じる映画でした。

2004/12記

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『白いカラス』@DVD

白いカラス 【DTSスペシャル・エディション】 DVD 白いカラス 【DTSスペシャル・エディション】

販売元:ハピネット
発売日:2006/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知人からニコールキッドマン・ファンなら
絶対観るべし!
と薦められたんだが‥。

悪くはないが
フツーにつまらないかも。

ていうか
テーマを詰め込みすぎなんじゃないかと。

人種差別
家庭内暴力
ベトナム戦争→PTSD
年齢差を超越した恋愛

テーマが多い分
主人公が実にはっきりしない
不思議な映画でもあります。

アンソニー・ホプキンス(人種差別発言がゆえに学部長職を失くす老人)
ニコール・キッドマン(その老人と恋人関係になる過去のある女)
ゲイリー・シニーズ(作家&傍観者ストーリーテラー/ちなみにこの男優椎名桔
平にどことなく似てます)
エド・ハリス(彼女の元旦那、ベトナム帰りの暴力亭主)
そうそうたるメンバーなんだなあ。

でも、めっけもんが
ウェントワース・ミラー(ホプキンスの青年期を演じた男優)
彼、ちょっとかっこいいです。
これからの注目株かも‥。

あ、そうそう
キッドマンは
とてもきれいでした。

そういう意味では
ファンとしては、必見かも。

2004/11記

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

より以前の記事一覧