フォト

2008年5月 3日 (土)

映画@2006 感想なし③

2006年に鑑賞した映画は、当時感想を書かないままで

一応評価☆だけつけていたものが50本ほどあります。

3回に分けて、アップしておきます。

ロード・オブ・ウォー

DVD

ロード・オブ・ウォー

販売元:日活
発売日:2006/06/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆☆☆

アワーミュージック DVD アワーミュージック

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006/05/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

メリンダとメリンダ DVD メリンダとメリンダ

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2008/03/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

マダムと奇人と殺人と DVD マダムと奇人と殺人と

販売元:バップ
発売日:2006/05/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆

靴に恋して DVD 靴に恋して

販売元:エイベックス・トラックス
発売日:2005/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

私の頭の中の消しゴム DVD 私の頭の中の消しゴム

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/03/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

ダウン・イン・ザ・バレー DVD ダウン・イン・ザ・バレー

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2006/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

星になった少年 スタンダード・エディション DVD 星になった少年 スタンダード・エディション

販売元:東宝
発売日:2006/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

イン・ハー・シューズ DVD イン・ハー・シューズ

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2008/04/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆☆☆

スパングリッシュ
DVD
スパングリッシュ
販売元 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
定価(税込) ¥ 1,481
発売日 2007/06/27

☆☆☆

ある子供 DVD ある子供

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2006/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

ニコラス・ケイジのウェザーマン スペシャル・コレクターズ・エディション DVD ニコラス・ケイジのウェザーマン スペシャル・コレクターズ・エディション

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2006/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション
DVD
ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション
販売元 日活
定価(税込) ¥ 4,935
発売日 2006/01/14

☆☆☆

ミリオンズ スペシャル・エディション DVD ミリオンズ スペシャル・エディション

販売元:アスミック
発売日:2006/06/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆☆☆

愛についてのキンゼイ・レポート DVD 愛についてのキンゼイ・レポート

販売元:松竹
発売日:2006/03/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

DVD 日本の自転車泥棒

販売元:フロンティアワークス
発売日:2008/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

僕と未来とブエノスアイレス DVD 僕と未来とブエノスアイレス

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2006/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年5月 2日 (金)

映画@2006 感想なし②

2006年に鑑賞した映画は、当時感想を書かないままで

一応評価☆だけつけていたものが50本ほどあります。

3回に分けて、アップしておきます。

メラニーは行く! 特別版 DVD メラニーは行く! 特別版

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2005/12/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆

理想の女(ひと) DVD 理想の女(ひと)

販売元:メディアファクトリー
発売日:2006/04/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆☆

ハッカビーズ スペシャル・エディション DVD ハッカビーズ スペシャル・エディション

販売元:角川ヘラルド・ピクチャーズ
発売日:2006/02/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆

ビヨンドtheシー ~ 夢見るように歌えば ~ DVD ビヨンドtheシー ~ 夢見るように歌えば ~

販売元:メディアファクトリー
発売日:2005/10/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆☆☆

茶の味 グッドテイスト・エディション DVD 茶の味 グッドテイスト・エディション

販売元:レントラックジャパン
発売日:2005/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

ノッティングヒルの恋人
DVD
ノッティングヒルの恋人
販売元 松竹ホームビデオ
定価(税込) ¥ 2,500
発売日 2007/11/28

☆☆☆☆☆

メゾン・ド・ヒミコ 通常版
DVD
メゾン・ド・ヒミコ 通常版
販売元 アスミック
定価(税込) ¥ 4,935
発売日 2006/03/03

☆☆☆☆

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション DVD Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/04/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

NANA -ナナ- スタンダード・エディション DVD NANA -ナナ- スタンダード・エディション

販売元:東宝
発売日:2006/03/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆☆

ふたりの5つの分かれ路 DVD ふたりの5つの分かれ路

販売元:メディアファクトリー
発売日:2006/02/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

ヴェラ・ドレイク DVD ヴェラ・ドレイク

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006/02/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆

ブロークンフラワーズ DVD ブロークンフラワーズ

販売元:レントラックジャパン
発売日:2006/11/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年5月 1日 (木)

映画@2006 感想なし①

2006年に鑑賞した映画は、当時感想を書かないままで

一応評価☆だけつけていたものが50本ほどあります。

3回に分けて、アップしておきます。

ウエスト・サイド物語 (コレクターズ・エディション) DVD ウエスト・サイド物語 (コレクターズ・エディション)

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2008/04/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆☆☆

ダブリン上等! DVD ダブリン上等!

販売元:アット エンタテインメント
発売日:2005/08/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

アイランド 特別版 DVD アイランド 特別版

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/11/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

バッド・エデュケーション DVD バッド・エデュケーション

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2005/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆

笑の大学 スタンダード・エディション DVD 笑の大学 スタンダード・エディション

販売元:東宝
発売日:2005/05/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 DVD リチャード・ニクソン暗殺を企てた男

販売元:アートポート
発売日:2006/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

イン・ザ・プール DVD イン・ザ・プール

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005/10/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

世界で一番パパが好き! DVD 世界で一番パパが好き!

販売元:ショウゲート
発売日:2005/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆☆

リービング・ラスベガス (1995)  (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾) DVD リービング・ラスベガス (1995) (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2007/09/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆☆

DVD ベルリン、僕らの革命

販売元:レントラックジャパン
発売日:2005/10/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆☆☆

きみに読む物語 スタンダード・エディション DVD きみに読む物語 スタンダード・エディション

販売元:ハピネット
発売日:2006/10/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆☆

奥さまは魔女 (UMD Video) DVD 奥さまは魔女 (UMD Video)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2005/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆☆

ライフ・イズ・ミラクル DVD ライフ・イズ・ミラクル

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006/04/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆☆

さよなら、さよならハリウッド DVD さよなら、さよならハリウッド

販売元:日活
発売日:2005/11/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆☆☆

旅するジーンズと16歳の夏 トラベリング・パンツ 特別版
DVD
旅するジーンズと16歳の夏 トラベリング・パンツ 特別版
販売元 ワーナー・ホーム・ビデオ
定価(税込) ¥ 3,980
発売日 2006/03/03

☆☆☆☆

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年11月21日 (水)

『フラガール』@映画館

フラガールスタンダード・エディション DVD フラガールスタンダード・エディション

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2007/03/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「フラガール」
(^0^) :ちょいおすすめ

久しぶりにロードショー観てきました。

シネカノン。
つまりは単館系でありながら
異例のロングランを続けています。

今度のアカデミーショーの
外国語部門、日本代表出品作品にも選ばれました。

あの常磐ハワイアンセンターが
いかにして作られたか
その中の最大の売り物である
フラダンサーがどう結成されていったのか。
いわゆるプロジェクトXものです。

鑑賞前、私の周りでは
みんなが号泣し
映画館はすすり泣きで埋め尽くされる。
という噂でした。

当然、私も不慮の落涙に備えるべく
手にハンカチを握っての鑑賞です(笑)

でも、あれ?
ちょっと、ウルウルはしたものの
そんなに泣けないよ。

松雪泰子さん。
大人の女性になりましたねえ。

準主役の(私にはこちらが主役に見えましたが)
蒼井優さん。
とてもとても自然な演技が魅力的でした。

しずちゃん。
要りません、じゃまです。

てなことで
落涙はなかったものの
2時間を超える上映時間も短く感じるほど
全体的には楽しめる映画でした。

映画館を後にするとき
なんとなく幸せな気分になりました。

見逃している方、そろそろ終わってしまうかも。
お早めに、映画館へ。

[2006/12記]

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『プルートで朝食を』@映画館

プルートで朝食を DVD プルートで朝食を

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「プルートで朝食を」
(^0^) :ちょいおすすめ

「28日後...」「バットマン ビギンズ」の
キリアン・マーフィ演じるゲイが
とてもとてもきれい☆な映画。


70年代アメリカはベトナム戦争に疲弊して
イギリスはアイルランド問題を抱えていた。
そんな背景をすこーし感じさせながら
当時のちょっとマイナーな
ロンドンポップに乗って
一人のゲイの物語が展開していく。

主人公が貧乏なわりには
つぎつぎとオシャレなお洋服で着飾って
それもとても楽しめます。

劇中
あれ?ひょっとして
憧れのブライアン・フェリー?
と思ったら、エンドタイトルに
やっぱり彼のクレジットが。

多分、映画初出演かと…。

ま、なにはともあれ
なかなか小技の効いた作品でした。

こういうの個人的に大好きです。

[2006/11記]

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年11月20日 (火)

『ナイロビの蜂』@映画館

ナイロビの蜂 DVD ナイロビの蜂

販売元:日活
発売日:2006/11/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ナイロビの蜂」
v(^ ^)v :ちょーおすすめ

あの「シティ・オブ・ゴッド」の
フェルナンド・メイレレス監督作品
「ナイロビの蜂」

本年度アカデミー賞
助演女優賞獲得作品でもあります。

レイチェル・ワイズ
いいです。
でも主演の
レイフ・ファインズもなかなか好演です。

外交官の夫が慈善活動を続ける妻の
突然の死に疑問を持つことから
アフリカ ケニアを舞台に行われている
非人道的で手前勝手な
先進諸国の商業行為が暴かれていく。

なんだか、夫婦愛モノのような売り出し方ですが
なかなかサスペンス&社会派であり
見応えあります。

あんまり詳しく書くと
面白くなくなるので、このへんで。

[2006/08記]

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『ぼくを葬る』@映画館

ぼくを葬る DVD ぼくを葬る

販売元:日活
発売日:2006/10/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ぼくを葬る」
(-o-) :まあまあ

フランス監督フランソワ・オゾン作品。

ロマンという名の
新進カメラマン。31歳。

撮影中に意識を失ったことで
病院を訪れるが
そこで宣告される
「余命3ヶ月」

化学療法を拒み
死をただ静かに待ち受ける。

ただ、祖母を除いて
家族にも
ゲイの恋人にも
その事実は知らされない。

まあね。
フランソワ・オゾンだからね。

「まぼろし」という映画では
夫の死を受け入れられない老妻を描いていたが
今回は死を受け入れた青年を描く。

彼の行動は
不可解でもあり
また、途方に暮れた末の在り方でもあり
まあ、観客がどう感じるか
という、いつもの作りになっています。

個人的には
好きなタイプの映画ですが
ぜひとも見るべきとお勧めは、まあ。。

[2006/08記]

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『オペラ座の怪人』@DVD

オペラ座の怪人 通常版 DVD オペラ座の怪人 通常版

販売元:メディアファクトリー
発売日:2005/08/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「オペラ座の怪人」
(z z) :たいくつきわまりない



♪ジャーン!ジャジャジャジャジャーン♪

このテーマ曲が流れると
なぜだか浅利慶太の顔を
つい思い出してしまうんだが…。
















まあ、なんとも。。。

正直言っていいですか。
すんごいつまんなかったです。

楽曲も
主人公が初めて
オペラ座の怪人に会い
秘密の部屋に連れて行かれる
最初に盛り上がらなくてはならない時に
いきなりドラムベースのちんけでしけたロック調です。

その時点で、すっかり削がれました、観る気を。。

ごめんなさい、この映画好きな人。
こんなコメントしか書けなくて。

[2006/08記]

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年11月19日 (月)

『RENT/レント』@映画館

レント (Blu-ray Disc) DVD レント (Blu-ray Disc)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2006/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「RENT/レント」
(^0^) :ちょいおすすめ


♪Five hundred twenty-five thousand six hundred minutes♪

後にも先にも
この映画のすべては、この楽曲にある。

オープニングから流れる
この唄を聴くだけでも
ああ損はしなかった。と思えるのである。


大ヒットブロードウェイミュージカルの
これまた映画化されたもの。

89年クリスマス・イヴの日
イースト・ビレッジでは
家賃(RENT)の払えない
数多くのアーティストたちが立退きを迫られていた。

街の再開発。
ドラッグ、エイズとの共存。

テーマはさすがにちと古臭くもあり
感情移入できるところも
思ったほどなかった。


んー、でも役者がいい。

ドラッグクイーン役の
ウィルソン・ジェレマイン・ヘレディア は
いやいやなかなか、ですよ。

10年?前のブロードウェイ・オリジナルキャストが
多数出演していて
それぞれが三十路を超えているとは思うが
もー、歌唱力抜群なんだな。

ミュージカル好きには
たまらない1本かも。

[2006/08記]

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『プロデューサーズ』@映画館

プロデューサーズ (Blu-ray Disc) DVD プロデューサーズ (Blu-ray Disc)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2006/11/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「プロデューサーズ」
(-o-) :まあまあ

せっかく映画館に行って観てきたのに
オンタイムでアップできませんでした。


なんでしょうかねえ。

このあまりに古臭いコメディは。

そもそもが1968年の映画の焼き直しであり
時代設定も変わらずなので
古典劇を見ているようです。

なんだか68年の映画をもとに
01年にブロードウェイでミュージカル化したら
トニー賞史上最多の12部門を獲得してしまった舞台を
またぞろ映画版にリメイクしたとか。

でも、まぁ
そこそこのミュージカル映画ということでしょうか。

オッサンである私には
実はなんだか楽しめたのですよ(笑)

でね、
この映画で一番驚いたのは
ユマ・サーマン!!!

なんだかとてつもなく可愛いのです。
あのユマ・サーマンが。

あのユマ・サーマンが。
(もう一回書いちゃおう)

それだけでも一見の価値はあるかも。。。?

[2006/08記]

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

より以前の記事一覧