フォト

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月28日 (月)

『ジェシー・ジェームズの暗殺』@DVD

ジェシー・ジェームズの暗殺 特別版(2枚組) DVD ジェシー・ジェームズの暗殺 特別版(2枚組)

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2008/07/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画館で観たかったのに、早々に終わってしまって見逃してしまった作品。ふーん。南北戦争後のまだ南部人と北部人のぎすぎすした時代の寵児ってとこか。なにやら国定忠治のような。この映画の見所は、暗殺後の展開かな。え?そんなこといったら暗殺されるブラピの存在って何よ?ということになるが、ところがどっこい充分にカリスマを演じてますよ。スターとかカリスマっていうのは、自分でなろうとしてもなれないもの。そんなことを教えてくれる映画でした。面白かったです、そこそこに。

☆☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-07 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年7月27日 (日)

日本の常識は世界の常識ではない。  <ぱぐはぐ日記 其の159>

P1000359

あのー、ふつう横断歩道を渡るときって

青信号になると

安心して渡るものですよね。

ところがですね

中国ではちょっと事情が違うようなんです。

右折車が優先!

ちょっと頭の中で思い描いてみてください。

左車線の日本と同じです。

横断歩道を渡って

さあそろそろ向こう側へ渡りきろうという瞬間

びゅんと車が突っ込んできます。

それも当り前に。

公共のバスだって、ですよ(怖

そしてもっとよく分からないのが

自転車だけでなく

原付とかスクーターが

歩道をびゅんびゅん走ります。

警笛鳴らしながら。

つまりこの国では

持てる者が偉いのです。

自転車も原チャリもスクーターも車も

乗れない奴は

轢かれてもいい位の価値しかないのですね、きっと。

なので街を歩いていて

一番緊張するのが

歩道と青信号の横断歩道。

日本での常識は、

世界の常識ではなかったのですね、やっぱり。。。

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年7月26日 (土)

『潜水服は蝶の夢を見る』@DVD

潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】 DVD 潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2008/07/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実話に基づく映画だそうだ。仏国ELLEの編集長だったジャン=ドミニク・ボビーは突然病魔に侵され、寝たきりの全身麻痺となってしまう。しかし周りの協力によって、失ったはずの言葉を彼は得ることとなり、この映画の原作となる本を上梓することとなる。その方法とは、単語の一文字一文字を瞬きで合図を送り、それを目の前の女性が書き取るという気の遠くなるような作業だ。さて、何だろうこの映画は。とてもお洒落なのである。題材は決して軽くはないのに。映像演出といい、シニカルな物言いといい、清々しい気分にもなってしまう。それと同時に生きる意味というものを、考えさせられてしまう映画でもある。

☆☆☆☆☆ | 08鑑賞 | 2008-07 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年7月23日 (水)

『マーゴット・ウェディング』@DVD

マーゴット・ウェディング DVD マーゴット・ウェディング

販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日:2008/07/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ニコマンとジャック・ブラック共演ですよ。期待は高まりますよね。そして惹句が「笑いと感動のハート・ウォーミング・コメディ!」ですよ。ニコマン、結構コメディ好きだしね。ジャック・ブラックはそのために生まれてきたような俳優だし。でも、なんか変ですよこの映画。ほっとんど笑えない。それより肉親の持つどろっどろした関係が、痛いほどに表現されてます。恨みつらみ節、満載です。そういう意味では、シニカルドラマといった方がしっくりくるのではないでしょうか。そういった方向性で観てみれば、また感想も変わるかと思います。ま、2度と観ようとは思いませんが。

☆☆| 08鑑賞 | 2008-07 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年7月22日 (火)

『アメリ』@DVD

アメリ DVD アメリ

販売元:ビデオメーカー
発売日:2002/08/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

久しぶりに観ました「アメリ」。ロードショーしていたのがたぶん7年位まえのことでは。。満席の映画館にはデートで連れてこられた男性を除いては男は私独りだったこと思い出します。改めて観直すとやっぱりいいですね、この映画。映画の楽しさがそこここに詰まっている感じがします。脚本といい、演出といい、また色彩が抜群ですよね。まぁ、この色彩っていうのはそもそもヨーロッパの街の色あいがいいのかもしれませんが。でも細かいところを結構忘れていて、あぁ、そうだったそうだった、と。やっぱり周りが女性だらけだったので上の空で観ていたのかも(笑

☆☆☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-07 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年7月18日 (金)

我是中国人吗? <ぱぐはぐ日記 其の158>

P1000340_2 こちら上海は日本との時差が1時間遅れ。

日本での習慣か
はたまたじじいだからか
それとも日が昇るといきなり30度を超える気温のせいか
朝早くに目覚めます。

今朝も5時半。。。

エアコンつけて惰眠をむさぼろうとするも
なんとなく体が起きてしまいます。

そこであきらめ半分と
朝食用のパンを買うために
散歩に出かけることにしました。

歩き始めて1分ほど
いきなりおばさんに呼び止められ
道を聞かれました。

え?わたくしジモティにみえます???

「我是日本人。」と言うと
おばさんは笑って
「謝謝!」と言って去っていきました。

なぜだか昔っから、よく道を聞かれます。
それもむりやり。
どう見たって、私急いでいるでしょ!
っていう時も
また歩いている人がたくさんいるのに
わざわざ自転車に乗っている私を止めて。。
それと外人さん。

なんだか「こいつに聞いてみたいオーラ」
とか放出しているんでしょうか?

パンは結局
近くのお目当てのパン屋さんが
開店するまではまだ30分くらいあったので
ちょっと遠くのパン屋さんへ行くことに。
クリームサンドパンを買って帰りました。

んー、気がつけば3、40分は散歩している。
健康的というか…

あぁ、くたびれた。

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年7月14日 (月)

はたして上海の物価は安いのか。 <ぱぐはぐ日記 其の157>

P1000338

まずはちょっと下の写真をじっくり見てください。
P1000334

ここ中国でも、昨今では有機栽培野菜が人気。
でね、お値段計算してみてください。
1元=17円あたりで。。

すごいでしょ。
ここはカノ國屋か!って感じでしょ(笑

まぁ、写真の玉ねぎは
高級百貨店そごう(久光百貨)で購入したものだから
これがすべてというわけではありませんが
格下のカルフール(スーパー)でも有機栽培系は結構お高いです。

ところが都会の中心地の大衆中華屋だと
焼麺とか焼飯とかが15元くらいで食べられることも。。

まったくもって
バランス感覚がなくなります。

缶ビールが5元くらいで
その辺の喫茶店の珈琲1杯が30元位したりします。
500円弱ですよ、信じられますか。

先日、しゃぶしゃぶ食べ放題&がっつりビール飲んで
100元ちょっとだったのに
その後行った、なんてことないバー
(いわゆるカウンターバー)でボトル入れたら
1000元払いました。
おい!
東京でもそんなにしねーぞ。

んーーー、
ひょっとしたら謎の国ジパングよりずっと深いな、上海。。。
↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年7月11日 (金)

上海!上海! <ぱぐはぐ日記 其の156>

P1000301

実は私、上海に転勤になりました。

今週頭に、上陸完了です。

まぁ、なんとなく面白いかな、って気持ちもあり

そんなに苦痛ではないのです。

ただし今のところは、ですが。。。

夜は現地駐在員と飲みに行ったりで

それなりに楽しいのですが

でもやっぱり

夜はだだっ広い部屋に一人

っていうのがしっくりきません。

なによりワンコと

離れ離れになってしまったのが、堪えます(泣

ま、絵日記にあるような

悲壮感が漂う訳ではなく

ただの酔っ払いなんですけどね。

ま、その生活態度は

日本にいた時と変わんないかな(笑

気が向いたら、上海レポします。

これからもよろしくです。

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »