フォト

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

耄碌したのか、ただのデブになったのか。 <ぱぐはぐ日記 其の153>

Dcf_0586 昨日「昭和の日」も泳いできました。
たっぷり1時間、2キロ。

薄着の季節を迎えるにあたり

…焦ってます(汗

って、気持ちの悪い戯言はスルーしていただいて。

今朝です。

出勤前の着替えタイム。
傍らの携帯にメール着信音が。

気になるので、見てみると
なんのことはない
アルファベットだらけの迷惑メール。。。

で、携帯開いたついでに
今日オフィスに着いたらしなくてはならないこと
備忘録代わりに
会社のPC宛にメールしました。

そして30分後。

乗換駅ホームにいた私は
あることに気づきました。

というか
あるべきものがないことに気づきました。

それは、ベルトです。

そして、本日はスーツです。
それも、ノーネクタイ。

そうとう、お間抜けです。

これは耄碌か?

いえいえきっと、腹回りのせいです。
ずり落ちないトラウザーに騙されました。

たとえ携帯音が
一連の着替え作業流れを止めたとしても
やっぱり、腹回りのせいです。

くそっ!

痩せてやる。
禁酒してやる。

…無理だろーけど。。。


↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年4月28日 (月)

『素粒子』@DVD

素粒子 DVD 素粒子

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2007/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんだろな、こういう映画は。頭の中がSEXでいっぱいの兄と、クローンを作ることで頭がいっぱいの異父兄弟の弟。教師の兄は結婚をし子供もいたが、妻に欲情できず、若い教え子に手を出そうとして失敗し、病院送りへ。弟は幼なじみとキスもすることなかったが、中年になって再会し、本物の恋を得る。『性欲』に両極端な二人とそれを取り巻く変な女たち。淡々とおかしな話が続き、少しおかしな終わり方をする。そして私の心には、あまり何も残らなかった、ですよ。

☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-04 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

持ち主に反して、身体は、正直。 <ぱぐはぐ日記 其の152>

Dcf_0585

昨年の暮れ
なんだか右足が痺れるので
病院へ行ったら
ま、軽いヘルニアだったんですね。

そこで痺れが取れるまで
急激な運動は避けるように言われたので
毎週1時間2キロの水泳を中断していました。

怠けぐせっていう奴でしょうか
すっかりプールが遠のいてしまい
気がつけば4ヶ月以上泳いでいなかった。。

すると
身体はいたって正直で
体重はそんなに増えなかったのですが
あきらかに、ゆるゆるに。

年齢的にはそこそこ絞れていた(はずの)身体が
まったくもって
ただのオッサン体型になりつつあります。

そこで慌てて行って来ました、プール。


でも、やっぱり身体がいうこと聴いてくれない。


1時間で1.5キロがやっとこさ。
そして翌朝のきついこときついこと。


このGWは
お酒も控えて
ちょっと鍛えなおしてみようかと
思っちょりますが
はたして…。。


ま、今夜も『飲み』なんですけどね(笑


↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年4月24日 (木)

『キャンディ』@DVD

キャンディ DVD キャンディ

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この男優、どこかで見たことある顔だなあと思っていたら、あの「ブロークバック・マウンテン」のヒース・レジャーだった。とにかく彼の首筋の刺青『ず』の一文字が気になって気になって仕方がない。時折出たり出なかったり。ひょっとして撮影中に彫ったのかな?話は若い二人がドラッグに溺れて、結婚もしたのにドラッグ買う金ほしさに売春までしてしまう。子供が授かったことでお互いドラッグから手を切ろうとするが…。みたいな。キャンディ役の新人女優アビー・コーニッシュがとてもいい。蛇足ながらフジフィルム独特な澄み切った色がおどろおどろしい話をさらっとさせているような。ラストに関係なく。

☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-04 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年4月23日 (水)

『転々』@DVD

転々 プレミアム・エディション DVD 転々 プレミアム・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

三浦友和演じる借金取りから、ある提案を受けた万年大学生オダギリジョー。借金取りと一緒に井の頭公園から霞ヶ関警視庁まで歩きの旅。なぜなら、借金取りは愛妻を殺してしまい、これから自首をするため霞ヶ関の本庁を選んだから。報酬は旅を完遂したら100万円。これで学生の借金もちゃら。家族に恵まれなかった学生が、旅を続けるうちになんとなく幸せな家族というものの疑似体験をしていく。小笑いが散りばめられた秀作。二人の演技が実にいい。あまりの小ネタに時々、友和がカトちゃんに見えてしまうのは、僕だけだろうか(笑

☆☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-04 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年4月22日 (火)

『みなさん、さようなら』@小説

みなさん、さようなら Book みなさん、さようなら

著者:久保寺 健彦
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

小学校の卒業式、目の前で同級生が刺殺されたことで団地住まいの主人公は、団地から出られなくなる。団地というとてつもなく狭い世界で、その後20年ほどを過ごすという、非常にばかげた想定の中で話は進むが、実はしっかりと読者を惹きつける。少し広義に捉えてみれば、生まれてからずっと地元で生活している人や、会社と家を往復しているだけの人と、この主人公はたいして変わりはないかもしれない。それにしても団地が主人公とともに、だんだんと寂れて行く様は、日本を象徴しているような。ま、そこまでいうのは、大げさかもしれないけどね。

☆☆☆☆| 08雑読 | 2008-04 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年4月21日 (月)

ぱぐはぐ日記復活の気分にさせてくれたもの。 <ぱぐはぐ日記 其の151>

Photo

ここんとこ
ちょっと挫けることがあったり
長年使っていたボンダイブルーが壊れたりで
ぱぐはぐ日記を描かなくなったら
あっという間に2ヶ月もほったらかし。

早いなぁ、年寄りには時間の経つのって。

ま、映画や読書の感想は
忘却の彼方へ飛んで行ってしまう前に
メモがわりに更新はしていたので
このブログ自身が
まったく更新されなかったわけではありませんが。

で、びつくりしことが。

先日アップした
にコメントが付いたのですが…


著者ご本人から。


おお!


これこそネットだ。

なんだか、嬉しくなって
またぱぐはぐ日記、描いてみようか。と。。

河野武さん、ありがとうございました。

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年4月20日 (日)

『待つ女』@DVD

7 YEARS DVD 7 YEARS

販売元:ビデオメーカー
発売日:2008/03/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんとはなしにレンタルショップで目に付いたので、特に他に観たい映画もなかったのでつい借りてきた。(だったら観なきゃいいんだけどね)7年の刑務所暮らしをする夫と、週2回の面会を欠かさぬ妻。看守の目を盗んでは口づけだけの逢瀬を続ける。ある日、彼女は刑務所前で男に声をかけられる。やがてその男と関係を持つようになってしまう。ところが男は刑務所の看守で、そうなることは夫公認だった。。んー、まぁ、良くも悪くもフランス映画。ってことかな(笑

☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-04 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年4月19日 (土)

『めがね』@DVD

めがね(3枚組) DVD めがね(3枚組)

販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2008/03/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なーんだかなぁ、いいなぁ、沖縄。きれいな海をぼーんやりと見遣って一日中過ごしたい。映画の内容よりも、そんな感想しか出てこない映画。こいつは新手のヒーリング映画か(笑)

☆☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-04 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『そんなんじゃクチコミしないよ』@ITビジネス

そんなんじゃクチコミしないよ。<ネットだけでブームは作れない!新ネットマーケティング読本> Book そんなんじゃクチコミしないよ。 <ネットだけでブームは作れない!新ネットマーケティング読本>

著者:河野 武
販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ネット人口が増え、コミュニケーションや情報収集の在り方が20世紀から大きく変容してきた。そんな今、古い媒体と新しい媒体が広告媒体としてどのように広告主、消費者ともに寄与して行くのか、実はなかなか見えてこない。接触時間だけをみると、明らかに旧媒体への接触時間・頻度ともに減少しているが、一般に生活している人が、では本当にネット環境を大いに活用し、情報・生活の場をそこに求めているかといえば、著者が語るように、やっぱちょっと違うと私も感じる。相変わらずTVという巨大媒体は影響力大だし、ひょっとするとすぐ鵜呑みにしてしまう人が多いことを鑑みれば、以前よりも依存している部分もあるかもしれない。本書は今一度、ネットについて考えてみる機会を与えてくれる。

☆☆☆☆| 08雑読 | 2008-04 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年4月18日 (金)

『シッコ』@DVD

シッコ DVD シッコ

販売元:ギャガ・コミュニケーションズ
発売日:2008/04/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そもそもマイケルムーアが太りすぎで、民間健康保険に加入を断られた恨み満載の映画(笑)なのでアメリカの民間健康保険の不条理を次々と暴く。それとともに、世界の先進国であるはずのアメリカが、世界の医療後退国である現状を憂い、他国の医療保険制度と比較し糾弾する。これを観ていると、この先老人国家になることが避けられない日本の医療制度も、大丈夫?かと考えさせられる。ひとつひとつを取り上げて感想を書いているとネタばらしになってしまうので、興味のある方はどうぞご覧ください。それにしてもキューバって、いい国。

☆☆☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-04 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年4月17日 (木)

『ノー・カントリー』@映画館

328975_01_02_02
















基本的にアカデミー賞受賞作品というのは、
あまり好みではないのですが、こいつはいい。

久しぶりに映画館でじっくり観たという事もありますが、
全編にみなぎる緊張感がたまりません。

80年代米国テキサスで、
ベトナム帰り(2度も出征している)の男が
麻薬売買に絡む大金を手に入れてしまう。

すると、異色の殺し屋が彼を追いかけてくる。

この殺し屋役がスペインのイケメン俳優ハビエル・バルデム。

きてます。きれまくってます。

画面に登場するだけで、圧倒的な存在感。

逃げる男が主役なのですが、
いやいやもう助演男優賞をとっただけのことあります。

久々に「死」の匂いをスクリーンから放つ作品でした。

ただ単なるバイオレンス映画かというと、
むしろ原題にあるNo country for old menの
行き場のなさ加減が実にうまく表現されていると思います。
お勧めです!

☆☆☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-04 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年4月16日 (水)

『レミング』@DVD

レミング DVD レミング

販売元:竹書房
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

シャルロット・ゲンスブール&シャーロット・ランプリング主演。そして05年カンヌ国際映画祭オープニング作品だというのに、日本では未公開らしい。レンタルDVDにて鑑賞。上司の妻が自宅でいきなり自殺し、妻に憑依する。そして追い込まれる夫。なんとなくラブコメのイメージしかないゲンズブールですが、こういうホラーミステリーにも出るんだね。でも、怖いのはやっぱシャーロット・ランプリング。相変わらずキレまくった女性を演じてます。最高!

☆☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-04 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年4月15日 (火)

『ブレイブワン』@DVD

ブレイブ ワン 特別版 DVD ブレイブ ワン 特別版

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2008/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジョディフォスター主演。結婚を前に幸せな二人を襲った暴漢。婚約者は殺され、彼女も半殺しの目にあう。恐怖心から不法に銃を手に入れた彼女だったが、深夜の商店で身を守るために人を殺めてしまう。そこから復讐魔となった彼女は、世間の悪を抹殺することにためらいもみせずに、次々と死をもって待ちの粛清を。んー、結構面白かったです。ラストの展開は賛否両論でしょうが、すっきりします。期待しないで観たのに、短く感じられるほどでした。

☆☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-04 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年4月10日 (木)

『暴走老人』@社会

暴走老人! Book 暴走老人!

著者:藤原 智美
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本は、タイトルと装丁で選んではいけない見本のようなものである。いたる所ですぐキレル老人の羅列などでは決してない。キレル老人を見るにつけ、どうしてそうなってしまったのか、変貌する社会、とりわけコミュニケーション作法の違いという点で捉えている。ただ著者がいうような閉塞感のなかで、新老人に隠れていた暴力性が露出するというのであれば、暴走するのは老人だけではないはずだ。ケータイやネットに関われないのは年齢の問題ではなく、それを使える所得があるかどうかでもある。なのでその論でいけば、格差社会に泣くニートも暴走しやすいし、実際凶悪犯罪を犯す人は年齢に関わらず無職が多い。なので暴走老人という言葉で括るのは如何なものかとも思う。

☆☆| 08雑読 | 2008-04 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『街のあかり』@DVD

街のあかり DVD 街のあかり

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2007/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まったく他人に相手にされない警備員の中年男が、ちょっといい女と出会い、恋をする。実は女はやくざの情婦で、この警備員は結果的に騙され宝石店強盗の共犯とされ服役する。服役する間も、情婦のことを口外せずやがて出所となるのだが、そこで現実を知る。まぁ、なんともいえない映画。いいんだか、悪いんだか。。それぞれの俳優の演技(それとも脚本&演出?)の異質な感じが、なんともざらざらひっかかります。余談ながらフィンランドといえば学力が秀逸で、携帯電話製造の世界シェアもトップ?。ただ映画に出てくる車の酷いことこの上ない。ばんばん環境汚染しそうで、技術に秀でているのだかどうだか。

☆☆☆☆ | 08鑑賞 | 2008-04 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年4月 9日 (水)

『レッスン!』@DVD

レッスン! (プレミアム・エディション〈2枚組〉) DVD レッスン! (プレミアム・エディション〈2枚組〉)

販売元:松竹
発売日:2007/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アントニオ・バンデラスといえば、『デスペラード』や『レジェンド・オブ・メキシコ』と、とても男くさいイメージがあるのだが、今回は社交ダンサー、ピエール・デュレイン役。ま、違った意味で男くさいかも。彼はある事件をきっかけに、問題児を抱える高校で「社交ダンスを通じて生徒達を更正させる」とボランティアで講師を買って出る。最初はまったく乗り気でない生徒たちも、やがて。。そしてコンテストで。。。といった、ま、ありがちなお話なんですが、実話に基づいているらしい。この成功譚の後、米国の120校で社交ダンスを授業としてとりいれたという。ちょっと高校生各人の描き方に深みを感じられないのと、高校生役の俳優が年寄りくさいのがちょいと気になりましたが、まぁ爽やかないい映画でした。

☆☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-04 | 

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年4月 8日 (火)

『潜入ルポ アマゾン・ドット・コムの光と影―躍進するIT企業・階層化する労働現場』@ルポ

潜入ルポ アマゾン・ドット・コムの光と影―躍進するIT企業・階層化する労働現場 Book 潜入ルポ アマゾン・ドット・コムの光と影―躍進するIT企業・階層化する労働現場

著者:横田 増生
販売元:情報センター出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

情報開示の少ないアマゾン・ドット・コムを知るため、著者自らが流通センターでのバイトを通じて見聞きしたことを記している。ネット上での書籍販売ははたして利益が上がるのか。もし上がるとしたら、どういった仕組みによって。その答えはグローバル経済にもまれた、まるで開発途上国のようなあまりにもローテクでアナログな低賃金労働者の雇用から成り立っていた。んー、考えさせられるなあ。ITの発展ははたして本当に人類を幸せに導いているのか。ごく一部の人間だけが享受しているのではないか。そんな大きな話がよぎる。

☆☆☆☆| 08雑読 | 2008-04 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年4月 7日 (月)

『プレミアム戦略』@ビジネス

プレミアム戦略 Book プレミアム戦略

著者:遠藤 功
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まぁ、いまさらという感がなきにしもあらず。『プレミアム』=『機能的価値』+『情緒的価値』というのも、なんら新しいことはない。ただ、読みやすく簡潔にまとめられていて、その点は入門書としてはOKか。本書にも書かれているが、プレミアム商品・ブランドが欧州発に多く、日本発が少ないことには忸怩たる思いを改めてする人も多いかも。

☆☆☆☆| 08雑読 | 2008-04-07 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »