フォト

« 『人のセックスを笑うな』@小説 | トップページ | 『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか 』@経済 »

2008年3月 5日 (水)

『主人公は僕だった』@DVD

主人公は僕だった コレクターズ・エディション DVD 主人公は僕だった コレクターズ・エディション

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/12/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『STRANGER THAN FICTION』が原題です。原題のままの方がいいような。。規則正しい生活を送る国税庁の会計監査員。ある朝、自分がすることなすことを天の声がトレースするのを聞く。やがてその声の主は、ある女性作家であることが分かるのだが、その結末には希望が持てないことに気づく。まぁ、大人版ファンタジーか。発想とか、物語の進め方とかそこそこ面白いのだが、結末がいまひとつ凡庸かな。

☆☆☆ | 08鑑賞 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 『人のセックスを笑うな』@小説 | トップページ | 『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか 』@経済 »

コメント

この映画好きだったんだけど、pughugさんは☆3つだったんですね(´∀`)
 
主人公を演じたウィル・フィレル、アメリカコメディアンだと聞いてびっくりでした。
彼の主演作『俺たちフィギュアスケーター』も観たんですが、こちらはコメディアンらしさ(?)が生かされた役でした。笑
彼のネタはみたことないですけど。。。笑

joeさま>
映画としては面白かったし
タイトルの入れ方もお洒落でしたね。

☆3つにしたのは
もともとの物語の終わり方が
(映画の結末とは違う方)
そんなに誰もが絶賛するほど傑作なの?
という感じだったから、です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197554/10900136

この記事へのトラックバック一覧です: 『主人公は僕だった』@DVD:

« 『人のセックスを笑うな』@小説 | トップページ | 『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか 』@経済 »