フォト

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

『ウィッカーマン』@DVD

ウィッカーマン DVD ウィッカーマン

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ニコラス・ケイジ主演ということで、なんとなくレンタルしてきたんですが。。なんじゃ、これ?って思ったら、ちゃーんと『2006年ラジー賞』にノミネートされていました(笑 なんだか数十年前のリメイク版だそうで、そちらは大層評判がよろしかったようで。でも、結末を観てしまったからオリジナルも鑑賞しないでしょうね。久々に時間を無駄にしました。

| 08鑑賞 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年3月30日 (日)

『プラネット・テラーinグラインドハウス』@DVD

プラネット・テラー プレミアム・エディション DVD プラネット・テラー プレミアム・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あまりにも唐突なゾンビもので、笑えます。血糊べったりな画面は、この手の映画が苦手な向きにはお勧めできませんがね。主人公の女性が片足もがれた代わりにマシンガン!っていうのがいかにもロバート・ロドリゲス監督っぽい。グラインドハウスを模したこの作品、面倒くさい話の展開は『フィルム消失したのでゴメン』で済ませてしまう乱暴さがまたこの映画の魅力でもあります(笑)劇場では観逃してしまいましたが、まぁ、DVDでもいいかな。。この映画本編の冒頭に、あるはずのない偽予告編が入っているのですが、なかなかよさげな作りで、そちらの映画の展開もまた気になります。 といっても、本篇はこの世に実在しないのですがね。

☆☆☆☆ | 08鑑賞 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年3月29日 (土)

『自虐の詩』@DVD

自虐の詩 プレミアム・エディション DVD 自虐の詩 プレミアム・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/03/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これが劇場公開される頃、TVのいたるところで予告編を流していて、卓袱台をひっくり返すシーンが繰り返し放送されていたので、本編でそれを観たときには、もうすでに飽きていて、なんら衝撃的ではなかったですね(笑)映画の内容としてはそこそこ面白かったです。いかにもこてこてな大阪下町にあって、主人公がいまひとつ馴染んでないのは、実は主人公の二人はよそモンだからなのですね。その辺り、微妙に雰囲気出ていました。4コマ漫画を映画にしたようですが、卓袱台をひっくり返すシーン以外では、そんなことを感じさせません。ただ、主人公二人のSとMの立場が出会った時とその後で真逆になっていることが、どうにも理解できない。ちょっとその辺りは消化不足か。。それにしても阿部寛、やくざモンが似合います。今度はコメディ仕立てではなく、ばりばりの仁侠映画に出演するのもいいかもです。

☆☆☆☆ | 08鑑賞 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年3月28日 (金)

『タロットカード殺人事件』@DVD

タロットカード殺人事件 DVD タロットカード殺人事件

販売元:ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
発売日:2008/03/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ウッディ・アレンがスカーレット・ヨハンソンのために作ったような映画。なので、ウッディ・アレンにしては、結構ストレートなコメディタッチのミステリサスペンスものです。その分、ウッディ・アレンファンには食い足りないかも。。ここではヨハンソンの役作りがいいです。綺麗なんだけど、ちょっとダサメの女子大生役がはまっています。ミステリサスペンスなので、内容には触れませんが、90分ほどのコンパクトな中での展開はテンポもよく、飽きさせず見せます。役作りのためか、それとも単純にそういうお年頃になったのか、ヨハンソンさんちょっぴり太めになっていたのは、ファンとしては気になるところですが。加えて声も衝撃的にしわがれてますが、でも、やっぱりいいなあ、ヨハンソン。。

☆☆☆☆ | 08鑑賞 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年3月27日 (木)

『バイオハザードIII』@DVD

バイオハザードIII デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) DVD バイオハザードIII デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2008/03/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

うーん、どうでしょう。シリーズを追うごとに、だんだんと作りというか脚本というか、雑な感じがします。ただのゾンビ映画。この手の映画好き以外には、まったく受け入れられないのではないでしょうかね。まぁ、前回も似たり寄ったりでしたが。前回と比べてジョボビッチさん、ワイルドさにマイルドさが加わりなんだかとても可愛くなっています。そういった意味においても、緊迫感のない映画に仕上がってますね。それと今回はジョボビッチさん、ヌード封印です。個人的には残念です(笑

☆☆☆ | 08鑑賞 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『日本人には教えなかった外国人トップの「すごい仕事術」』@ビジネス

日本人には教えなかった外国人トップの「すごい仕事術」 (講談社BIZ) Book 日本人には教えなかった外国人トップの「すごい仕事術」 (講談社BIZ)

著者:フランソワ・デュボワ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

我々がよく口にする『キャリア』という言葉は、会社歴であったり、仕事歴であったりを一般的に指しがちだが、もともとの語源はラテン語の『カラリア』から来ていて、それが意味するものは『道』。つまりはどういう人生を歩んできたのかをいうらしい。そういった観点から外国人でありながら、日本で活躍する経営者へのインタビュー集。異国の地『日本で働くこと』を命ぜられた時、彼らはどう考え行動したか。そして、それはその後の人生にどういった意味をもたらしたか。日産のカルロス・ゴーン氏、シャネルのリシャール・コラス、新生銀行のティエリー・ポルテ氏ほかの含蓄ある言葉を聞ける(読める)。かなり勇気付けられたり、いろいろ考えさせられたり、なかなか濃い内容だと思います。

☆☆☆☆☆ | 08雑読 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年3月23日 (日)

『ボーン・アルティメイタム』@DVD

ボーン・アルティメイタム DVD ボーン・アルティメイタム

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

基本的には、1と2を鑑賞しているほうが面白みは増すでしょう。ただ、この作品を単発で観たとしても、しっかりと楽しませてくれます。主人公ジェイソン・ボーンがどうして殺人機となりえたのかまた、彼を生んだ背景とは?が解かれていきます。スピード感もあり、まったく飽きさせない。そんなに派手なアクションシーンもなく好感が持てます。なによりいつまでも、とっつぁん坊やのようなマット・ディモンがグッドです。

☆☆☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年3月22日 (土)

『微熱 愛と革命の日々』@DVD

微熱 愛と革命の日々 DVD 微熱 愛と革命の日々

販売元:オンリー・ハーツ
発売日:2008/01/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年モントリオール世界映画祭最優秀監督賞、ノルウェー・アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞!だそうです。 1960年代、資本主義と共産主義が市民の中で顕在化していた時代。活動家になった高校男性教師と女医の、まぁラブストーリーものでしょうか。全体に流れる北欧のなんともアンニュイな感じがたまりません。ただ、お勧めかどうかというのは。。

☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『デイトレのリアル!』@ルポ

デイトレのリアル! デイトレのリアル!
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する
株式が日々乱高下する今、ちょっと読んでみました。私はその昔、証券会社に勤める親戚から「株」は素人は絶対に損するからむやみに手を出さないほうがいい。と言われたことが頭の片隅に引っかかり現在まで一度も株投資に身を置いた事がありません。この本は、そんな私とまったく正反対にある方々の本です。前書きにもあるように、これでデイトレを薦めるという本ではありません。むしろその逆かも。。前半はなるほどなあ、と読み進みましたが後半は漫然といろいろな人のケースが紹介されていて退屈しました。ま、デイトレに興味のある方は一読されてもいいかも。
☆☆☆| 08雑読 | 2008-03 |

2008年3月21日 (金)

『コマンダンテ』@DVD

コマンダンテ COMANDANTE DVD コマンダンテ COMANDANTE

販売元:TCエンタテインメント
発売日:2007/12/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アメリカで上映拒否にあったといういわくつきの映画ということで、何の前知識もないままレンタルして鑑賞。観始めてから、ドキュメンタリーといってもずっとキューバカストロ議長へのインタビュー構成であることに気づきあぁ、ちょっと観続けるには辛いな、と。。しかしながら、年齢を重ねたせいか西側諸国(とりわけ米国)における彼のイメージとは程遠く、かなり魅力的な人物と映っている。キューバ問題は、全くといっていいほど私の中に蓄積されたものがないので内容そのものの判断をする基準がないのが残念だ。

☆☆☆☆ | 08鑑賞 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年3月12日 (水)

『一度も植民地になったことがない日本』@エッセイ

この手の本にありがちな、外国に住む日本人としての日本礼賛の部分も多々見受けられるが、全体としては面白く読めた。なにより、世界各国の人と接してきた著者の経験に基づく、外国人から観た日本・日本人観は「なるほどね」と頷かされることが多い。実際に外国の人と少し仲良くなって話をしてみると、思いもよらない考え方をしていることが多く、そういった肌感覚で書かれた本著には好意を持った。

☆☆☆☆ | 08雑読 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年3月11日 (火)

『サッドヴァケイション』@DVD

この作品を楽しむのには、同監督作品『ユリイカ』と『Helpless』を鑑賞していた方がいいらしい。残念ながら、その両作品とも接触がないので、この映画の面白さとやらが半減しているのかもしれない。んが、あまりにも俳優の台詞が聞き取りにくいぞ、この映画。加えてお国訛りだから、なおさらイライラする。DVDだから何回かリワインドして確かめたりしてる、またその自分の姿に腹が立つ。結局「おんな」は怖ぇー、ってことかな。この映画のテーマは(笑 しかしあのラストは、なんやねん。

☆☆☆ | 08鑑賞 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年3月10日 (月)

『バタフライ・エフェクト2』@DVD

「バタフライエフェクト」がとても面白い映画だったので、レンタルショップでこの作品を見かけて、つい借りてきた。んー、まぁ作品時間も短く、それなりに鑑賞はできたが、前作に較べると相当の格落ちな感じは否めない。前作の方がファンタジー要素が多く、今作はあまりにもラブストーリーになっているので、食い足りないのかも。どちらかというと凡作。

☆☆☆ | 08鑑賞 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか 』@経済

人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか Book 人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか

著者:水野 和夫
販売元:日本経済新聞出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の景気がいざなぎを超えた。とかいわれるが、実感がないのがほとんどの国民。それはグローバル経済に乗っている企業と、そうではない国内需要型に乗っている企業の違いであり、総体は後者が多いこと。そんなこれまでの『なぜ』の一端を教えてくれる。グローバル経済が、真の平和を世界にもたらすのか。そんなことを考えさせられる。

☆☆☆☆ | 08雑読 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年3月 5日 (水)

『主人公は僕だった』@DVD

主人公は僕だった コレクターズ・エディション DVD 主人公は僕だった コレクターズ・エディション

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/12/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『STRANGER THAN FICTION』が原題です。原題のままの方がいいような。。規則正しい生活を送る国税庁の会計監査員。ある朝、自分がすることなすことを天の声がトレースするのを聞く。やがてその声の主は、ある女性作家であることが分かるのだが、その結末には希望が持てないことに気づく。まぁ、大人版ファンタジーか。発想とか、物語の進め方とかそこそこ面白いのだが、結末がいまひとつ凡庸かな。

☆☆☆ | 08鑑賞 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年3月 4日 (火)

『人のセックスを笑うな』@小説

人のセックスを笑うな Book 人のセックスを笑うな

著者:山崎 ナオコーラ
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

タイトルの妙と、著者名のインパクトでこの小説を読もうとすると、失敗する。なんともふつーの恋愛小説である。心にジーンとくるものはなく、ただ少しだけ納得感がある。表層的な心理描写というのか、まぁこんなもんかというのが出ているというか。ただ、こういった小説は好き嫌いがあって当然で、映画になったのもの、なんとなく分かるような気もする。

☆☆| 08雑読 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008年3月 3日 (月)

『たちの悪い話』@小説・寓話

たちの悪い話 Book たちの悪い話

著者:バリー・ユアグロー
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なかには『たちの悪い話』もあるが、やや空想に走った話が多く、基本は少年少女向けだと思う。2-4Pほどの短編が、ぎっしりと詰まっていて、ちょっとした時間の隙間に読みやすい。なかには差別的な要素も含まれるが、それこそが現実社会であるというスタンスに立って読めば、ファンにもなるかも。 
☆☆☆| 08雑読 | 2008-03 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『愛の讃歌』@DVD

エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組) DVD エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)

販売元:東宝
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アカデミー主演女優賞。うーん、そうかもしれない。演技はよかった。映画的には、時間移動が多すぎ、ちょっと散漫な感じもした。アル中、ヤク中の彼女の描き方は、もう少し内面を取り出してもよかったかも。ただ歌うシーンでの歌声は、ピアフ自身の音源を編集したらしく、かなりいい。惜しむらくは、私の好きな『愛の讃歌』がフルで聴けなかったことか。
☆☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-02 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »