フォト

« NET時代になって、生活は明らかに、変った。 <ぱぐはぐ日記 其の148> | トップページ | ぱぐはぐ0109 : pughug0109 »

2008年2月17日 (日)

『アメリカン・ギャングスター』@映画館

329107_01_04_02


デンゼル・ワシントン演じる
黒人麻薬王フランク・ルーカス。
ラッセル・クロウ演じる
麻薬取締刑事リッチー・ロバーツ。

リドリー・スコット監督『アメリカン・ギャングスター』

なにゆえ
アカデミー・ノミネートが
助演女優賞と美術賞なのか
ちょっと分からないくらい面白い映画です。

事実がベースとなったこの映画は
ベトナム戦争が深みにはまり
米国が撤退する60年代後半から70年代始めのNYが舞台。

フランク・ルーカスが
一介のチンピラから
名立たるギャングボスにのし上がるのは
ベトナム戦争なくしてはならない。

その時代感、腐敗感が
じっくりとスクリーンから滲み出て来るような映画です。

ちなみにこの映画の原題は
「AMERICAN GANGSTER」であって
「AMERICAN GANGSTAR」ではありません。

「GANGSTER」は
「暴力団員」という意味だそうなので

邦題の
「ギャングスター」は
「ギャングスタ」であるべきだと。。

英語に不案内な私なんか単純に
ギャング☆だと思いましたよ。

「暴力団員」ということが分かっていると
エンドロールの最後に突如出て来る
ワンカットの意味が分かると思います。

事実、フランクは
再犯を犯しているそうですから。

☆☆☆☆☆| 08鑑賞 | 2008-02 |

↓よろしければ、ぽちっと、押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« NET時代になって、生活は明らかに、変った。 <ぱぐはぐ日記 其の148> | トップページ | ぱぐはぐ0109 : pughug0109 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197554/10522511

この記事へのトラックバック一覧です: 『アメリカン・ギャングスター』@映画館:

« NET時代になって、生活は明らかに、変った。 <ぱぐはぐ日記 其の148> | トップページ | ぱぐはぐ0109 : pughug0109 »