フォト

« 「悪人」「メタボラ」「コーリング闇からの声 」 <ぱぐはぐ日記 其の75> | トップページ | 「インランド・エンパイア」 <ぱぐはぐ日記 其の77> »

2007年8月19日 (日)

「夕凪の街 桜の国」 <ぱぐはぐ日記 其の76>

Summer
「夕凪の街 桜の国」という映画を観ました。
http://www.yunagi-sakura.jp/

観た日は偶然、終戦記念日。
その日もとても暑い一日でした。
映画館は若い人に混じって
御年配の方もかなり見受けられました。

映画館では啜り泣く方が多く
私もその一人になりました。

広島の原爆に被災した家族の
戦後10年頃の話と現代の話。

とても切ないと思うと同時に
やはり米国の愚行に怒りを禁じ得ません。

原爆は一瞬にして
すべてのものを消滅させてしまう。
そのことばかりが取りざたされますが

実はその後も
いろいろな意味で苦しんでいる方がいること
全世界の人に知ってもらいたい。

その後を描いた名作に「父と暮せば」
というとてもいい映画がありますが
そちらとはまた違う
とても心に響く台詞が随所に出てきます。

皮肉にも今全世界は
「核の傘」の下、均衡を保ち
安易な戦争が起きない状態になっています。

この先もそういった不健全な状態が続くのでしょうが
絶対に核は使用されてはならない。
と、思います。

« 「悪人」「メタボラ」「コーリング闇からの声 」 <ぱぐはぐ日記 其の75> | トップページ | 「インランド・エンパイア」 <ぱぐはぐ日記 其の77> »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197554/7596730

この記事へのトラックバック一覧です: 「夕凪の街 桜の国」 <ぱぐはぐ日記 其の76> :

« 「悪人」「メタボラ」「コーリング闇からの声 」 <ぱぐはぐ日記 其の75> | トップページ | 「インランド・エンパイア」 <ぱぐはぐ日記 其の77> »