フォト

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月29日 (木)

映画はお好きですか。 <ぱぐはぐ日記 其の37>

Eiga

私はここ数年、年間100本の映画を
鑑賞することを目標にしてます。

とはいえ、映画館だけではなくDVDも含めてですが。

ただ、昨年は途中から年間100冊の読書も
目指していたので実は達成できなかったのです。
82本どまりでした。

今年も、読書はかなりのペースで
かなりいい感じなのですが
映画のほうが、ちょっと出遅れています。

そんな無茶苦茶な映画の見方をしているので
「映画の日」とか
「割安レイトショー」とか
「レンタル半額」とか
2番館とか
それなりに工夫してるんです。

お小遣い足りないので(笑)

ところが毎月1日の「映画の日」って
なぜだか微妙に行けないんですね。
相当気合を入れないとね。

それに案外土日が多かったりします。
休日にわざわざっていうのも
ちょっと腰が引けるんです、我侭ですが。
もうじき公開の
「ボンボン」

なんだか、よさげなので
観に行ってみたいと思います。
シネカノン有楽町だから
水曜日は1000円デーだしね。
会社の帰りにでも、行こ。

私の正義は、どこへ行ったの? <ぱぐはぐ日記 其の36>

Seigi
最近、時々思うことがあります。
なにが「正義」なのかと。

子供の頃は、ま、所謂
勧善懲悪!!
といったことで「正義」が語られていたかと。。
とてもシンプルに、ね。

でも、今ふつーに考えると
それは一方的な都合であることも多かったりしたかも。
悪人と呼ばれる方にも
それなりの理屈はあったと思います。

ところで世界の警官「アメリカ」は
すぐ正義をかざして
他国へ侵略行為を繰り返しています。

でも、その中身は
自国が覇権国家として君臨するための
悲しい施策であったりもします。

世界の石油資源は一説には
2050年には枯渇するんではないかと
言われていますが
最近のBRICSの半端じゃない
資源の非効率な使用で
その枯渇は、もっと早くに訪れるのではという
まったくもって悲観的な話が持ち上がってもいます。

各々の国が自国の繁栄のために
「正義」をかざして
石油資源を奪い合う。

戦争にならなければいいけど。
最近、本当にそう思います。

アメリカは日本を時々邪険にして
最近中国と密接な関係を築いているように見えますが
したたかな中国は
アメリカと不仲な中東の諸国と
しっかりと手を握って
石油資源を確保しようとしているようです。

んー、どうなの?それって。

それにしても
とても現実的な話をすれば
私の子供世代が生きている間に
石油資源が枯渇する可能性があるということです。

それ以前に地球温暖化が、
人類にどう影響を与えているか
凡人の私には予測もつきません。

その時の「正義」は
どんな形に変容しているのか。

あぁ、今日の日記は暗くなっちゃった。
ごめんなさい。

-追記-

なぜ絵日記に「月光仮面」なのか。
「おふくろさん」作詞家の川内康範さんが
「月光仮面」の原作者でもあることを知り
懐かしく思い出したからです。

幼少の頃
風呂敷をマフラー代わりにして
そして三輪車をバイク代わりにして
「月光仮面」になりきったこと。。。

2007年3月26日 (月)

最近、硬派です。 <ぱぐはぐ日記 其の35>

Book_1
3月に入ってから
なんだか固めの書籍を相手にすることが多い。
ちょっと目覚めた感じです、遅まきながら。。

ITも含め先進技術が無限大と思えた世界を
とてもコンパクトにしていますよね。

最近、私の周りでも
日本市場だけでなく
中国を中心とするアジア諸国での
ビジネスが広がってきています。

その際、ビジネスのことだけを考えていると
とても底が浅いと感じたりします。

彼らの歴史観は教育の賜物でもあり
やはり日本に対する厳しい感情もあります。
そのことに対して
いい歳をした私も含めて
我々日本人は
あまりにも無頓着で無教養だと思います。
彼らのそういった環境を踏まえた上で
コミュニケーションをとらなければ
上っ面な関係に終始してしまうような気がするのです。

せっかく何らかの形で知り合えた仲
大切にしたいものだと思います。
同じアジアの空気を吸う者としては。

また話は飛躍しますが
(すみません、そういう性格なのでお許しを)
時代の流れとして
社会主義・共産主義が
資本主義に傾倒すればするほど
「マネー至上主義」という価値観が跋扈します。

そういった思想のもと
「富」を求めることはある意味正義でもあり
これまで発展途上(この言い方も本当は好きではない)にあった
諸外国民の欲求を
20世紀の先進国に抑えつける権利はありません。

そのなかで限りある資源を
どう分配していくのか。
本当は、冷静に話し合えるといいのですが…。

でもいろんな本を読み
情報に情報を重ね
ネガティブに考えれば考えるほど
今住んでいる時代は
沈黙の中の一触即発状態にあるんだと感じ入ります。

知りすぎる。
それはそれで不幸なことかもしれません。。

下記はここ1ヶ月で読んだ、固めの本です。

 ■戦争という仕事  /  内山 節
 ■米朝開戦 そのとき、日本はどうなる!?  /  須川 清司
 ■中国が世界をメチャクチャにする  /  ジェームズ・キング
 ■大国政治の悲劇―米中は必ず衝突する!  /  ジョン J.ミアシャイマー
 ■本当は知らなかった 日本のこと  /  鳥越 俊太郎, しりあがり 寿

453235241x09mzzzzzzz 478407032x09mzzzzzzz
406282041209mzzzzzzz 477270456609mzzzzzzz 479421527409mzzzzzzz 487290287409mzzzzzzz








-追記-
もしご興味がおありなら
「雑読だな」の読後感想もご覧ください。

2007年3月23日 (金)

歌うと元気になります。 <ぱぐはぐ日記 其の34>

Photo

カラオケって、
今やふつーのファミリー・エンタテイメント。
休日の昼間は郊外のカラオケボックスは
家族連れで混み合っている。

私が社会人として働きだした頃のカラオケは
まだまだ発展途上。
カセットテープの親玉みたいな
8トラックテープを
ガシャンとテープデッキに入れて
歌本と呼ばれる歌詞集を眺めながら歌う。
なんてのも、珍しくなかったですね。

おじさんがたむろするスナック(!)では
当然、選曲できる幅が狭く
演歌ばっかりだった、ですよ。

で、必ず酔っぱらった先輩や上司から
「おい!新人歌え!」
と、来る訳ですね。

その頃、洋楽のROCKだけが音楽だと思っていた私は
自己矛盾を起こしつつ、仕方なく
『憧れのハワイ航路』とか
『長崎は今日も雨だった』を熱唱したりするんです。

あぁ、嫌だったなぁ。。

時代は通信カラオケになってから
俄然、変わりましたね。

今では、平気で
つーより
率先して歌います。

若かった頃、歌えなかった分までハジけるようです。

若い人達と行くのが大好きです。
今時の歌も調子こいて、がんがん。。

たまーに娘と一緒に行くと
うるさ過ぎてか、
歌っている存在自体を無視されます(笑)

ちなみに十八番は(古臭い言い方だなぁ)
LED ZEPのBLACK DOGです。

-追記-

日記に書かれている小学生のナンパ話は
本当にあったことです。
微笑ましい光景とは、ちょっと思えませんでしたね。。

2007年3月21日 (水)

ミネラルウォーターは、果たして優しい商品か? <ぱぐはぐ日記 其の33>

Pet
今やふつーに利用しているペットボトル。
いったいいつ頃から出回るようになったのか
はっきりとした記憶はないのですが
そんなに昔のことではない、と思います。

毎週水曜日
資源ゴミの収集日なんですが
私のマンションではペットボトルが
収集袋に収まりきらないのが常です。

大丈夫なんでしょうかね。
こんなにイージーに資源を消費して。。
ペットボトルの原材料もさることながら
作る時のエネルギーとか
リサイクル利用の際の消費エネルギー
そして排出ガスも不安です。

ほんの少し前までは
水分補給は最低限必要な量を
その都度、お茶をいれたりして飲んだものです。

なんだか、異常だと思うのは私だけでしょうか?

そういえば
私が高校生の頃なんか
コカ・コーラに代表される
350mlの缶ジュースを
アメリカンサイズと呼び
なかなか1本飲み切れなかった記憶があります。

それが、その私でも
今や平気で500mlを短時間で飲み切ってしまう。。

全てに鈍感になってしまっている。
そんな自分ができてしまったようで、無気味です。

-追記-
日記を書いていて、
20年程前初めてアメリカに行った時
小学生低学年の子供が
スーパーラージサイズのコーラを
平気で飲み干しているのを見て
びっくりしたこと、思い出しました。

2007年3月15日 (木)

朝からそこは、秘密の花園。 <ぱぐはぐ日記 其の32>

Lady

女性専用車両というのは
驚くことなかれ、
1912年!
東京の中央線・朝夕ラッシュ時間帯に登場した
「婦人専用電車」というのが元祖らしい。

ただ、その後はそんなに普及もしなかったようですが
ここ数年、首都圏の各路線で
多く見かけるようになってきました。

私が利用する
東京メトロでも最後部車両が
平日朝に「女性専用車両」となってます。

最後部は実は乗り換えに
一番便利な場所だったので
設定された頃
個人的には「ちっ!」って感じでした。

仕方なしにその隣の車両に乗る訳ですが
まぁ、ここが混むんですね。

で、そのどちらかというと
男くさい車両に乗る女性が必ずいるんです。

どして?
と、ふつーに思うんですが
知り合いの女性に聞いてみると
それはそれで専用車両って
嫌なんだそうです、いろいろと。

んー、なるほどなぁ。
(って、なにが?)

ちなみに関西は圧倒的に
真ん中辺りが
「女性専用車両」になっているみたいです。

一度出張時に、知らずに乗ろうとして
恥をかきそうになりました。。
ご同輩、お気をつけ遊ばせ。


-追記-
それにしても
「女性専用車両」が復活した理由が
痴漢行為から女性を守るため。
って、どうなのかなぁ。

外国の人が
日本ですごくびっくりすることのひとつに
雑誌のヌードグラビアを平気で車内で見ている
ちゃんとした(格好の)サラリーマンだそうです。
まぁ、要は品がないということですね。

わたくし?
最近はないですけど
以前は見てたかも、パラパラとは…。

すんません。。。

2007年3月13日 (火)

バターを食べよう。 <ぱぐはぐ日記 其の31>

Butter この前の休日のブランチにホットケーキを焼きました。


最初から粉を振るって
ベーキングパウダー入れて。

なーんて面倒なことはしないで

市販のホットケーキミックス
を使ったんですけどね、いつものように。

焼きあがったホットケーキに
バターをひとかけら。

これが、シロップと混ざると
甘塩っぱくて、おいしいんだなぁ。

マーガリンはイマイチです。
老頭児(ロートル)だから
貧しい学校給食を思い出してしまうんです。

しかし悲しいかな、家族的には
冷蔵庫にはいつもマーガリン、なんですねぇ。
バターは太る素だと。。

でも基本的にカロリーの高いものって
おいしいと思いませんか。
お肉だって、霜降り、最高ですよね。

なのに時代はなんでも、すぐ低カロリーって。
なんだか、損してませんか、みなさん。

たくさん食べなきゃ、いいじゃないですか。
からだ動かせば、いいじゃないですか。
ちょっと辛いかもしれないけどね。

ふつーにバター、食べて欲しいな。
なんだか、唐突だけど。

2007年3月 8日 (木)

Macユーザー。 <ぱぐはぐ日記 其の30>

Mac

最近、というか
ちょっと前から
気にかかるCMがあります。

それはMacintosh。

ラーメンズの二人が
それぞれPCとMacを演じている
そっ、あのCM。

非常にアメリカ的比較CMぽい。


まあ、狙いはわかる。分ります。

でもねえ
『Mac用のウィルスなんか作っても
全然社会的には影響与えないもんなぁ。』
っていうのが愉快犯の本音じゃないかな。っと。

あと、フリーズって…
PCよりMacの専売特許かと思っていましたよ。。

初代ボンダイブルーをまだ使っている私には
とやかく言う資格はないですけどね(笑)

新しいMacはフリーズしないのか。。
ちょっと欲しいなぁ。


−追記−

今回の「絵日記」
アルコール摂取後に描いたので
なんだか日本語がおかしいです。
ん?いつものことか。。。

2007年3月 7日 (水)

言葉って、難しい。 <ぱぐはぐ日記 其の29>

Akui

言葉をかけるって
時と場合によっては
不協和音を生み出すこともある。

例えば
久しぶりに会った知人に

「やぁ、元気?忙しい?」

なんて聞いてしまうことは、間々ある。

仕事がなくて暇だったりしたら
相当凹ませる事になる。

最悪なのは、絶対忙しいだろうと思って

「どぅ!暇してる?」

なんて…。

後、よくあるのが

「あれ?顔色悪いよ。
 遊びすぎなんじゃない?ハハハ」

とか

「髪形変えたの?心境の変化?」

なんていう軽口も要注意である。

本当に病気だったり
何か深刻な悩みを抱えていたり
振られちゃったりしてたり。。。

恨まれるんだろうなあ、心の奥底辺りで。

んー、コミュニケーションって、難しい。

2007年3月 3日 (土)

やっぱつけ麺だな <ぱぐはぐ日記 其の28>

Men
なんだか最近は
「ラーメン」というより
「つけ麺」がお気に入りです。

でもほとんどのお店が
「つけ麺」って
めちゃくちゃ大盛りじゃありませんか?

朝霞には「一本気」という
有名な支那そば屋があるのですが
ここのラーメンも美味で
人気のつみれそばはすぐ売り切れます。

でも私はなぜかいつも頼むのは「つけ麺」。

いや、これがまた美味しいんです。
醤油ベースで和風出汁で。
叉焼も美味。

ここもやはり普通盛りだと
女性は多分食べ切れないほどの大盛り。
私も最後はいつもちょっと苦しいのです。

さて今日はかねてより気になっていた
こちらも朝霞の「福寅」というお店。
なぜなら看板に「つけ麺」とあるから。

夜、ちょっとドライブの帰りに立ち寄りました。

どうやら夜の時間帯は
純粋なラーメン屋というより
居酒屋を兼ねているみたいです。

でも迷わず「つけ麺」をオーダー。

…本当は「ビール」に「砂肝炒め」「すじ煮込み」
っていきたかったんですが
クルマだったので、諦めました。。

こちら朝霞の駐屯地の近くとあって
自衛隊の人が多く訪れるみたい。

なので「普通盛りでいいですか?」
って聞かれた時
「自衛隊相手のお店なら、普通盛りでもきついかも…」
と思いつつも普通盛りに挑戦。

待つこと10分程。
目の前に「つけ麺」が。

あれ?
普通盛りって…。

少ない。。。

んー、それはそれで
なんだかちょっと裏切られた感じが…。

お味はそこそこグッドでしたよ。

でも「一本気」の方が満足度高いかな。

2007年3月 2日 (金)

そこはデンジャラス・ゾーン <ぱぐはぐ日記 其の27>

Uso
私はほぼ毎朝
通勤電車は始発で並んで座ります。

それも端っこの席が好きです。

当然、片側は扉横になります。
なので、だいたい私の顔のすぐ横に
見知らぬ方のお尻があったりします。

で、とんでもないことが…。

「ぷっ!」
という音が
確かにしたんです。

信じたくない。
きっとこれは
何か別の音に違いない。
例えば、服と扉の擦れる音とか。。

でも次の駅で扉が開いた瞬間
その人、プラットフォームへ。

ま、普段、降りる人がいないような駅でね。

どうだったんですかね。


…やっぱり空耳だと思っていた方が
しあわせですよね、きっと。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »