フォト

« リトル・ミス・サンシャインで思うこと <ぱぐはぐ日記 其の13> | トップページ | コンビニで飴を買えない <ぱぐはぐ日記 其の15> »

2007年1月31日 (水)

「ケータイ」が変えた日々 <ぱぐはぐ日記 其の14>

Ketai

いきなり凄いタイトルで申し訳ないが
いたってふつーのこと。
になりつつあること。

①夜中にうら若き女性とお話してしまうこと。
  (主に、酔っぱらってだが)
②休日でもうら若き女性とメールしてしまうこと。
  (主に、酔っぱらってだが)
③移動中mixiとかチェックしてしまうこと。
  (主に、酔っぱらっているか二日酔いだが)
④家族と話をしないでメールだけでことを済ましてしまうこと。
  (主に、しらふだが)
⑤メール着信ランプが気になってしまうこと。
  (主に、会議中だが)

①は「私が」というより、一緒に飲んでるたちの悪い呑み助が
  「私」を語って「私のケータイ」から電話することが多い。
  と、自分では思っている。
②は、まぁ、ノーコメントということで。
③は日記を更新したりすると、反応が気になって、ついつい。
④これは大問題のようだが、
  反対に子供とのコミュニケーション機会が増えたような気もする。
⑤最近迷惑メールが多くて、腹立たしくストレスが溜まる。
  (VFからSBに変わった途端、めちゃくちゃ増えてます。。)

まぁ、①とか②とかはちょっと誇張があったりもしますが
でも固定電話しかなかった頃から考えると
信じられない現象ではあります。

ふと気づくと
ほとんど通話というものをしなくなり
メールでの交流が大半を占めている。
これも以前では全くなかったことですね。
(強いて言えば手紙という手段かな)


もっと言えば「ケータイ」は
ミニPC&お財布化しつつあり
依存度はとてつもなく高まっている。

だがさて
たかが機械ひとつにこんなに集約してしまうことって
本当に望ましいことなんでしょうか。

故障したり失くしたり
その瞬間
個人情報の消失・流失や
ひいては日常生活が一時的に破綻してしまう。
(これは、言いすぎかな…)

便利と危機は背中合わせ。

気づかないうちに
いや、薄々感じつつ
非常に脆弱な状態にあることに甘んじている。

『でもなぁ、便利なんだよなあ。。』
最後は、この一言です。

文明に流されていると
そのうち溺れてしまうかも、社会全体が。
なーんてね。


ちなみに絵日記に描かれていることは
主に支払い関係と
ちょっとした連絡、調べ物系が多いです。

« リトル・ミス・サンシャインで思うこと <ぱぐはぐ日記 其の13> | トップページ | コンビニで飴を買えない <ぱぐはぐ日記 其の15> »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197554/5147648

この記事へのトラックバック一覧です: 「ケータイ」が変えた日々 <ぱぐはぐ日記 其の14>:

« リトル・ミス・サンシャインで思うこと <ぱぐはぐ日記 其の13> | トップページ | コンビニで飴を買えない <ぱぐはぐ日記 其の15> »